11. 居酒屋

店員とお客様の区別化

居酒屋で同じユニフォームを着るというのにも様々な理由があり、
その中でも一番わかりやすいのがスタッフとお客様の区別ではないでしょうか。

当り前のことではありますが、これと決まったユニフォームが無いところでは
どれが店員でどれがお客様かという区別はつきにくいというもの。
オーダーを取ってもらうにしても誰に声を掛けてもらうかなど困ってしまいますよね。

この時やはり同じ衣服を着ているというのはお客様目線からでもわかりやすく、
またスタッフ同士も一目瞭然なのでなにか指示があった時に即時連携をとれるというところが
同じユニフォームでの利点ではないでしょうか。

ユニフォームをオリジナルTシャツで作成する

遠目で見たとしても同じユニフォームだと厨房とフロアも立ち位置でもわかりやすく、
他のスタッフが今どこにいるかというのもすぐにわかりやすいため連携を取るには最適です。

一瞬の判断を要するときもある忙しい時間帯ですと、尚更瞬時の判断がしやすいというのは
場の責任者にとってもありがたいことでしょう。

またユニフォームには様々な種類がありますが、居酒屋で良く用いられているのがTシャツなどです。
店のロゴをプリントされているデザイン等があり、機能性が高くまたお客様から見ても
シンプルで清潔感があるというのがTシャツの利点でしょう。

中には胸ポケットがついていてすぐにオーダー用紙に記入できるようにペンを差しておける
という工夫もされたものもあります。
制服のデザインにこだわりがあり、オシャレなバー等の制服でも用いられやすいTシャツ。
デザイン、カラー次第でお店の雰囲気にも合わせやすく、それでいて機能性も高い、
そして色々なスタッフに対応できるサイズ展開等で大変使い勝手がいいものと言えるでしょう。
またそのシンプルな構造から製作費が手頃というのも飲食店経営の現場では重宝されている理由なのです。